SSPedia (- -;*)

黒子のバスケ

くろこのばすけ

少年ジャンプにて掲載中の 青春バスケストーリー。 主人公は黒子テツヤという1人の少年だが、彼の中学時代のレギュラーメンバー(キセキの世代)と高校でのレギュラーメンバー(誠凜高校)も主人公同様に深く描写されている。 本編では友情や努力、挫折、仲間など高校生活でぶつかるリアルな感覚を読者へ届ける。 SS自体はまだ少なめ。

主人公 【 黒子テツヤ】 純粋にバスケを愛し熱意を持って バスケの名門である「帝光中学」へ入学。しかし才能に恵まれず挫折を味わうも当時一軍レギュラーであった赤司に シックスマンとしての特殊な存在の可能性を見出され一軍へ。のちにキセキの世代 幻のシックスマンと呼ばれる。 誠凜高校へ進学。

【キセキの世代】 10年に一度の逸材が5人同時に帝光バスケ部レギュラーに在籍した時代のレギュラーメンバーの呼び名

【赤司 征十郎】 キセキの世代 キャプテン 名家の跡継ぎであるためか言動が年相応ではないのが本編での印象。 エンペラーアイによる正確なPGやパスは誰にも止めることはできない。 洛山高校へ進学

【青峰 大輝】 キセキの世代 天才スコアラー、アンストッパブルスコアラーなどと呼ばれる。 変幻自在のプレーはDF不可。 どんな体制からでも決める高精度のシュートはキセキの世代No.1シューターである緑間も厄介だと警戒。 桐皇学園へ進学

【緑間 真太郎】 キセキの世代No.1シューター 一回の得点が多いという理由でスリーポイントにこだわり毎日欠かさずシューティング練習、左指のテーピングを行う。そのスリーポイントへの思いは高校での相棒、高尾に執念とまで言われている。 おは朝のランキングで人生が決まるらしく彼はいつもラッキーアイテムを持ち歩く。その姿は時にギャグ。 秀徳高校へ進学

【紫原 敦】 キセキの世代センター 2mの身長を活かしゴール下を守る。(と、いうか立ってるだけ。) 才能があるので何もしなくても圧倒的強さを誇る彼は 「才能がなくても努力することが大切。」といった綺麗事を抜かす人間が大嫌い。黒子のバスケへの価値観を全面否定する。 普段はお菓子ばかりを食べているのに何故か太らない。 陽泉高校へ進学

【黄瀬 涼太】 キセキの世代ぶっちぎりのイケメン。 それもそのはず。彼はモデル業の傍らバスケをしている。 異常なの見込みの速さゆえ、何をしても人並み以上に出来てしまう、コピーして完璧に再現できる。といった悩みを持っていたが、青峰に出会い彼は「自分が絶対に越えられない壁。」として彼に憧れを抱きバスケを中2から始める。 すぐにレギュラー入りを果たすも青峰に1on1で勝つことはなかった。 海常高校へ進学

【桃井さつき】 キセキの世代マネージャー。 彼女はただのマネージャーではなく 情報収集のスペシャリスト。プレイヤーの行動と未来の成長までもを予測。 青峰と幼馴染で青峰をいつも心配し 部活も青峰と同じバスケ部へ。 周囲からは青峰と桃井はカップルだと思われているが桃井は黒子に想いを寄せている。 赤司に情報収集を任されるようになってからはすぐにその能力を開花させた。 選手ではないがもはやキセキの世代並みに手強い相手である。 桐皇学園へ進学

黒子のバスケのコメント (0件)

まだコメントはありません。

黒子のバスケの記事にコメントする

  • 4128
  • 0
  • 3
黒子のバスケのシリーズ作品
黒子のバスケの人気SS作品