SSPedia (- -;*)

枕投げについて

まくらなげについて

SSnoteのユーザー「もみじ」が執筆する作品に登場する”枕投げ”の競技についての記事です。ルールはもみじ自作なので変な点があったらご指摘ください。

目次

試合を行う際に使う道具など。

ふとん

1枚の大きさは8×8。それが枕投げの競技を行う際のコートになる。


まくら

10個の枕が用意される。それは敵チームを攻撃するための道具となる。


パジャマ

枕投げを行う際のユニフォームとなる。

試合ルール

基本ルール

1.AチームとBチームが試合をしているとして、Aチームの人がBチームの人に枕を投げて、当たれば、当たった人は”アウト”となり、コートから退場し試合を見守ることになる。復活する方法は無い。

2.先攻後攻は無い。投げるタイミングは自由である。

3.自分の陣地の枕を投げきり、枕が無い場合は、相手から投げてきた枕をキャッチするしかない。

4.ドッヂボールのように、当たった枕がうちあがりそれを味方がキャッチすればセーフである(めったにない)。

5.審判の試合開始の合図で枕を初めて持っていい。それまで床に置いてある。

試合時間

どちらかのチームの全員がアウトになるまで。(前半後半がある)


人数

5対5で試合は行われる。試合の最初は両チーム5個ずつ枕が渡される。

正式試合の場合、ベンチに入れる人数は10人までである。


反則

・敵のチームの陣地(ふとん)に足を踏み入れてしまった場合反則となり、枕が一つ相手のものとなる。


・敵が投げた枕を避ける際に自分の陣地を3回出てしまった場合は反則となり、その人は強制アウトとなる。

ポディション

アタッカー(2人)

主に、敵を狙うことに特化したポディション。枕を速く強く投げれる人が向いている。パスラーから、枕をもらいより早く、正確に投げることを求められる。

ディフェンダー(1人)

自らを犠牲にして(わざとアウトになることは無い)、アタッカー、パスラーを守るポディション。敵を狙い、アウトにすることは、できない。キャッチがうまい人が向いている。枕をキャッチした場合は、アタッカーかパスラーに渡す。

パスラー(2人)

アタッカーと連携して、敵をよりうまく倒すために働くポディション。意外にこのポディションが試合では大事になる。頭の回転が速かったりする人が向いている。

あんまりない例外がおきた場合

コートから枕がなくなる。

両チーム枕を避けまくり、コートから枕が無くなった場合は最初の状態に戻される(5個ずつの枕が両チームに渡される)。

攻撃できないディフェンダーしか残っていない。

攻撃できないディフェンダー以外、全員アウトになってしまった場合はディフェンダーが攻撃することが許可される。

枕投げについてのコメント (4件)
  1. 1 : : 2015/11/08(日) 15:32:00
    こんなに分かりやすく説明できるなんてすごいです!
    私も枕投げをスポーツとしてやってみたくなりました!
  2. 2 : : 2015/11/08(日) 15:32:18
    こんなに分かりやすく説明できるなんてすごいです!
    私も枕投げをスポーツとしてやってみたくなりました!
  3. 3 : : 2015/11/08(日) 15:33:14
    ↑すみません、ミスで二回投稿してしまいました
  4. 4 : : 2015/11/08(日) 18:06:56
    競技の字が協議になってました。

    直しておきます

枕投げについての記事にコメントする

  • 336
  • 4
  • 7
未分類 SSの関連ワード